しつゆ WEBコンサル

プロフィール

HN:しつゆ
性別:男
誕生日:1980/06/11
好き:コーヒー,紅茶

アーカイブ

最近の投稿

最近のコメント

RSS 同時多発系WEBマーケッター@しつゆの忘備録

システムに強い正統派アフィリエイトをしてる人が発行しています

【このブログには以下のような事が書かれていきます】
・WEBで利益を上げるヒント
・同時多発的WEBマーケッター しつゆが行っている事

【スタンス】
・自分で実践して良かったものしか紹介しない
・得た知識は実践する
・実践後は検証する
・行動を起こす人には全面協力
・文句ばっかりで何もやろうとしない人( ゚д゚)シラネ

【運営者の得意分野】
主にIT系と教育系
・WEBにまつわる事全般(SEO,SEM,PG,NetWork,HardWareなど)
・株式投資関係
・小中高の勉強に関して(高校生は数学・化学)
など

■メルマガフォーム
準備中

しつゆから買って下さった方は、もれなく独自特典が付きます♪

1商品で942万円稼ぎ出す仕組み
「Unlimited Affiliate Ver.1,5)
1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate Ver.1,5)

書いてある通りにやれば
結果が出る正統派商材

ブログ,メルマガ,リスト収集,サテラサイト,SEO販売戦略。
これ1つで結果が出た購入者が多数。
変なアレンジを加えず、まずは書いてある通りにコツコツやってみてください。
素人でも半年コツコツやれば結果が出ます。

 

iPhoneアプリ収益化プログラム
iPhoneアプリ収益化プログラム

プログラム初心者でも
iPhoneアプリが作れる

iPhoneアプリの作成、販売、収益化の手順書。ひな形とメール講座でもサポートしてもらえるので、プログラム初心者でもブロックを積むように作成できます。
iPhoneアプリ作れるんだぜw
って自慢してみては?w

 

トリプルマジックリンカー
トリプルマジックリンカー

自動更新されるサイトも作れる
トリプルマジックリンカー

1:リンカーとして使える。(通常の使い方)
2:楽天APIを入れれる。(楽天の商品リンクも入れれてアフィれる)
3:リンク集自体を設置できる!
わかります?w
もうねぇ、3番がネ申!
【今年の販売期間】
9/16~9/27
11/16~11/27

 

EC-cube NEW商品だけ表示させるブロックの作り方

2012年06月25日

久しぶりの忘備録です~

EC-cubeカスタマイズ中が終わったので、
記録留め用

Ver.は 2.11.5

★商品登録画面の商品ステータスの「NEW」にチェックを入れた商品を、任意の件数だけPCに自動表示させるブロックの作り方

※ < と > は、便宜上「全角」で載せてあります。
使う際には「半角」に直すこと→置換すればよい。

・「html/frontparts/bloc/product_flag.php」を作成
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<?php
// {{{ requires
require_once(CLASS_EX_REALDIR . “page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag_Ex.php”);
// }}}
// {{{ generate page
$objPage = new LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag_Ex();
register_shutdown_function(array($objPage, “destroy”));
$objPage->init();
$objPage->process();
?>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・「data/class_extends/page_extends/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag_Ex.php」を作成
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<?php
// {{{ requires
require_once(CLASS_REALDIR . “pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag.php”);
/**
* productStatus のページクラス(拡張).
* LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag をカスタマイズする場合はこのクラスを編集する.
*/
class LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag_Ex extends LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag {
// }}}
// {{{ functions
/**
* Page を初期化する.
* @return void
*/
function init() {
parent::init();
}
/**
* Page のプロセス.
* @return void
*/
function process() {
parent::process();
}
/**
* デストラクタ.
* @return void
*/
function destroy() {
parent::destroy();
}
}
?>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・「data/class/pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag.php」を作成
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<?php
// {{{ requires
require_once CLASS_REALDIR . ‘pages/frontparts/bloc/LC_Page_FrontParts_Bloc.php’;
/**
* productStatus のページクラス.
* @package Page
*/
class LC_Page_FrontParts_Bloc_ProductFlag extends LC_Page_FrontParts_Bloc {
// }}}
// {{{ functions
/**
* Page を初期化する.
* @return void
*/
function init() {
parent::init();
$bloc_file = ‘productFlag.tpl’;
$this->setTplMainpage($bloc_file);
}
/**
* Page のプロセス.
* @return void
*/
function process() {
if (defined(“MOBILE_SITE”) && MOBILE_SITE) {
$objView = new SC_MobileView();
} else {
$objView = new SC_SiteView();
}
$objSiteInfo = $objView->objSiteInfo;
// 基本情報を渡す
$objSiteInfo = SC_Helper_DB_Ex::sfGetBasisData();
$this->arrInfo = $objSiteInfo->data;
$objQuery = new SC_Query();
//検索したい商品のステータスを設定
//NEW→1, 残りわずか→2, ポイント2倍→3, オススメ→4, 限定品→5
$productFlag = 1;
//検索する商品のステータスをランダムに決定し、表示させたい場合は以下のコメントを外してください。
//$id_count = $objQuery->count(mtb_status);
//$productFlag = rand(1,$id_count);
$this->statusName = $objQuery->get(“name”, “mtb_status_image”, “id = ? “, array($productFlag));
//表示する商品の件数
$listCount = 4;
$col = “dtb_products.product_id, dtb_products.name, dtb_products.main_list_image, dtb_products.main_list_comment AS comment, MIN(dtb_products_class.price02) AS price02_min, MAX(dtb_products_class.price02) AS price02_max”;
$from = “dtb_products INNER JOIN dtb_products_class ON dtb_products.product_id = dtb_products_class.product_id INNER JOIN dtb_product_status ON dtb_products.product_id = dtb_product_status.product_id”;
$where = “dtb_products.del_flg = 0 AND dtb_products.status = 1 AND dtb_product_status.product_status_id = ?”;
$groupby = “dtb_products.product_id, dtb_products.name, dtb_products.main_list_image, dtb_products.main_list_comment, dtb_product_status.product_id, dtb_products.update_date”;
$this->groupby=$objQuery->setGroupBy($groupby);
//商品の表示はupdate_dateが新しい順
$order = “dtb_products.update_date DESC”;
$this->order=$objQuery->setOrder($order);
$arrFlagList = $objQuery->select($col, $from, $where, array($productFlag));
//商品の表示をランダムに抽出する場合は以下のコメントを外してください。
//srand((double)microtime()*1000000); //乱数生成器を初期化
//shuffle($arrFlagList);
$this->arrFlagProducts = array_slice($arrFlagList, 0, $listCount);

$objView->assignobj($this);
$objView->display($this->tpl_mainpage);
}
/**
* デストラクタ.
* @return void
*/
function destroy() {
parent::destroy();
}
}
?>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・「data/Smarty/templates/default/frontparts/bloc/productFlag.tpl」を作成
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<!–{if count($arrFlagProducts) > 0}–>
<div class=”bloc_outer clearfix”>
<div id=”recomend_area”>
<h2>新着商品</h2>
<!–{section name=cnt loop=$arrFlagProducts step=2}–>
<div class=”bloc_body clearfix”>
<div class=”recomendleft clearfix”>
<div class=”productImage”>
<a href=”<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrFlagProducts[cnt].product_id|u}–>”>
<img src=”<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>resize_image.php?image=<!–{$arrFlagProducts[cnt].main_list_image|sfNoImageMainList|h}–>&wi
dth=80&height=80″ alt=”<!–{$arrFlagProducts[cnt].name|h}–>” /></a>
</div>
<div class=”productContents”>
<h3>
<a href=”<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrFlagProducts[cnt].product_id|u}–>”><!–{$arrFlagProducts[cnt].name|h}–></a>
</h3>
<!–{assign var=price01 value=`$arrFlagProducts[cnt].price01_min`}–>
<!–{assign var=price02 value=`$arrFlagProducts[cnt].price02_min`}–>
<p class=”sale_price”><!–{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}–>(税込):
<span class=”price”><!–{$price02|sfCalcIncTax:$arrInfo.tax:$arrInfo.tax_rule|number_format}–> 円</span>
</p>
<p class=”mini comment”><!–{$arrFlagProducts[cnt].comment|h|nl2br}–></p>
</div>
</div>
<div class=”recomendright clearfix”>
<div class=”productImage”>
<!–{assign var=cnt2 value=`$smarty.section.cnt.iteration*$smarty.section.cnt.step-1`}–>
<!–{if $arrFlagProducts[$cnt2]|count > 0}–>
<a href=”<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrFlagProducts[$cnt2].product_id|u}–>”>
<img src=”<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>resize_image.php?image=<!–{$arrFlagProducts[$cnt2].main_list_image|sfNoImageMainList|h}–>&widt
h=80&height=80″ alt=”<!–{$arrFlagProducts[$cnt2].name|h}–>” /></a>
</div>
<div class=”productContents”>
<h3>
<a href=”<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrFlagProducts[$cnt2].product_id|u}–>”><!–{$arrFlagProducts[$cnt2].name|h}–></a>
</h3>
<!–{assign var=price01 value=`$arrFlagProducts[$cnt2].price01_min`}–>
<!–{assign var=price02 value=`$arrFlagProducts[$cnt2].price02_min`}–>
<p class=”sale_price”><!–{$smarty.const.SALE_PRICE_TITLE}–>(税込):
<span class=”price”><!–{$price02|sfCalcIncTax:$arrInfo.tax:$arrInfo.tax_rule|number_format}–> 円</span>
</p>
<p class=”mini comment”><!–{$arrFlagProducts[$cnt2].comment|h|nl2br}–></p>
<!–{/if}–>
</div>
</div>
</div>
<!–{/section}–>
</div>
</div>
<!–{/if}–>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・DBの「dtb_bloc」にパスを入れる。
パスは「frontparts/bloc/product_flag.php」

しつゆサポートメール送ってwww

2012年06月23日

さて、連日おすすめしている「iPhoneアプリ作ろう♪」と言う内容。

購入&しつゆサポートよろしこメールをしてくださった方が数人(*゚Д゚)はぁはぁ

いらっしゃるのですが、購入人数と、メールくれる人数が・・・・

合わない・・・・・だとっ!?

そんなこんなで、購入してくださった方は、

しつゆサポートPDF内のメアドに、
InfoTopから購入時に送られてきたメール内容を貼りつけて、送ってください♪

成功してる人、稼いでる人って、だいたい行動が速いですよね♪

ただ、買って満足してたら、ノウハウコレクターになってしまうので

必ず、行動しましょう!

( ゚∀゚)o彡°行動!行動!

そんなこんなで、今日は、購入してくださった方から頂いたメールでの質問を一部抜粋♪

>Mac、もちろん持ってませんが・・(汗)
>これから中古で探そうと思います。
>中古のネットショップ、ちょっと覗いてみましたが
>2万円なんてないですよね。

私も、この商材を買った時は、Mac持ってませんでしたwww
(学生時代に少し使った程度)

知り合いに、使ってないMac無い?って聞いたり

PCのジャンク(壊れたPC)を売ってる店で、ジャンク買い、
画面は調子悪かったのでアドリブで修理しました。

が、ヤフオクで探すのもいいかもしれません・w・
これとか、これとかは2万前後です♪

中古ネットショップの方が微妙だったりしますw

※参考URLは、メールをくださった方のみ送りましたw

IntelベースのCPUが必要なので、
この中では、
2.53Ghz Intel Core 2 Duoプロセッサ
というものが良いです。

作業には問題ないので、利益発生したら買い替えましょう♪(爆

まずは、

1:マニュアル本編を、さらっと読む

じっくり読んではいけませんwwww
全部読み終わるまでに疲れてしまうのでwwww

まずは、「さらっと一通り」読んで、流れをつかむのが大事です(*゚▽゚)b

それから、順番に実践していきましょう~

「フローチャート・進行具合チェックリスト」があるので

印刷して、見やすいところに貼っておくと、ブレないはず(・∀・)イイ!!

順番にこなしていけば、問題なく作れます♪

宣伝はApple社がしてくれるので、広告費も要りませんし♪

「仕事何してるの?」

( ゚д゚):「アフィリエイター」

「ナニソレ?怪しい・・・騙されてない?結局無職ジャンwwww」

と、知り合いや、家族から言われた事はありませんか?

「仕事何してるの?」

( ゚д゚):「iPhoneアプリ作ってるよ」

「えっ・・・すごい!」

iPhoneアプリ作って稼ぐだけじゃなく自慢したい!

もちろん、私もやってますwwwww

↑これ重要!

やらずに、紹介する人の、何と多い事か・・・

そして、今なら、なんと! しつゆサポート付き(爆

↓ ↓ ↓ ↓

iPhoneアプリを作ってアノ人を見返す!

↑ ↑ ↑ ↑

今が、一番の参入タイミング、

ブログを書くように、iPhoneアプリを作ってみましょう♪

開発環境は
VisualBasicのような感じで、パーツをはめていくような流れです。

商材にひな形が付いてくるので、最初は、それを元に作るのがイイカモ

今回は、マジで押してます・w・

2回くらい値上げもするらしいょ。

作成したサイトの生死確認の方法♪

2012年06月22日

作成したサイトの生死確認の方法♪

ブログに書いたら画像がみずらかったので、別ページを作成しました~

↓  ↓  ↓

作成したサイトの生死確認

↑  ↑  ↑

(*゚▽゚)b

大量の作成サイトを確認する方法

2012年06月22日

大量の作成サイトを確認する方法

みずらかったので、別ページにUPしました~

↓  ↓  ↓

大量の作成サイトを確認する方法

↑  ↑  ↑

(*゚▽゚)b

ファイル名一括取得

2012年06月22日

久しぶりの忘備録

フォルダ内のファイル名を簡単に取得したい時のbatファイルの作り方です♪

1:メモ帳を開く

2:dir /b *.text > TitleGet.csv
  と、記述(コピペでOK)

3:保存してメモ帳を終了

4:ファイルの拡張子を「.txt」から「.bat」に変更

5:取得したいフォルダに↑ファイルを移動

6:ダブルクリックすると「TitleGet.csv」と言うファイルが出来、
  その中に、取得したファイル名が一覧で出力されます。

*.text を *.jpg とする事で、画像ファイル(.jpg)など取得対象を変えれます。

大量のデータを管理する時に重宝します。

(*゚Д゚)はぁはぁ

しつゆSNSログイン

▼メルアド▼

▼パス▼

・次回から自動的にログイン
←自動ログインチェック

ログインできない方はこちら


今が旬:無料セミナー動画

カテゴリ一覧

サイト内検索


 
FXトレードネット評判